マミーズサミット 子育て社会起業家ネットワーク

info@mamisami.net


マミーズサミットネットワークの呼びかけによって行われた、のびすく仙台への震災支援の状況です
  • マミーズサミットネットワークより4月12日に、500,000円を送金。

  • 福岡県のアートディレクター境 修一郎さんと絵本作家さかいみるさんによる「絵本で支援」プロジェクトより、絵本10,000冊と義援金約200,000円を送ることが決定。絵本は5月1日に「のびすく仙台」に到着。被災地の子どもたちに配布中。

  • 北九州市の看護コミュニケーションセンター グレードアップ・ラボより、4月26日にマグカップ120個を送付。

  • 熊本市のネイチャー生活倶楽部より化粧水600本を支援。

  • 京都市のプレマ株式会社よりオリーブ石けん900個を支援。

  • 北九州市のシャボン玉石けん株式会社より物資の支援決定。
    ・浴用3個入り(定番の固形石けん): 1,000個(25ケース)
    ・せっけんハミガキ: 900個(15ケース)
    ・バブルガード(ハンドソープ): 140個(7ケース)
    ・スノール5L(液体洗濯石けん): 60個(20ケース)
    ・ベビーソープ100g: 150個
    ・ベビーソープ100g(6個入り): 123個

  • 10月20日、マミサミメンバー田仲由紀子が代表を務める沖縄子育て情報うぃずより、東日本大震災の復興のために貯めてきた毎月の売上の1割である29470円を送金。

  • 12月19日、マミサミメンバー小林恵子が代表を務めるふじやまママより、「mikanファミリーマルシェ&ITセミナーin浜松」で集まった募金6149円を送金。


●のびすく仙台では・・・

マミサミのメンバーであり、仙台市子育てふれあいプラザ「のびすく仙台」の指定管理者である伊藤仟佐子さんは、震災の翌日から、徒歩通勤し、3月15日から開館させました。ガソリンが入手できるようになってからは、近隣の避難所や体育館へ支援物資を届けるなどできる限りのサポートをされています。

 

<のびすく仙台からの主な物資支援先> 

登米市(避難所7ヵ所)、仙台市(若林体育館)、東松島市(避難所2ヵ所)、石巻市(保育所2ヵ所)、鳴瀬町(避難所1ヵ所)

 

のびすく仙台のスタッフの皆様
「のびすく仙台」スタッフの皆さま